会頭挨拶

第121回日本皮膚科学会総会
大会テーマ「SDGs(Sustainable Dermatology Goals)-持続可能な皮膚科学の目標-」

佐山浩二会頭

会頭 佐山 浩二
(愛媛大学大学院医学系研究科皮膚科学 教授)

この度、2022年6月2日〜5日の日程で、第121回日本皮膚科学会総会を会頭として開催させて頂くこととなりました。予想外にコロナの影響が長引き、その影響を避けることはできませんが、可能な限り国立京都国際会館で全国から皆様をお迎えしたいと考えています。

もともとこの総会は、故尹浩信熊本大学元教授がご担当の予定でしたが、2020年3月13日急逝されましたため、急遽私が指名されたものです。尹浩信元教授のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

本学会のテーマはSDGs(Sustainable Dermatology Goals)-持続可能な皮膚科学の目標- としました。2024年に医師の働き方改革が始まりますが、これはまだ始まりに過ぎず、段階を追って改革は進みます。さらに、2030年を過ぎたあたりから医師の需要と供給の関係は、少なくとも頭数に関しては逆転します。また、皮膚科医に関しては、年齢別の人口構成が今後大きく変動する構造変化がおき、皮膚科医のあり方は今後大きく変わるものと予想されます。さらにはコロナによる閉塞感が加わっている現在、我々が-持続可能な皮膚科学の目標-を持つことが重要なのではないかと考えてこのテーマとしました。

予防接種が進めば、当然のようにコロナも落ち着き2022年には通常に近い形での学会開催が可能なのではないかと考えていました。しかしながら、今度は変異株が猛威をふるい始めなかなか思い通りにはいかないようです。可能な限り現地開催を目指して準備を進めて参りますが、Web配信を組み合わせた学会形式になると考えています。

愛媛大学医学部皮膚科学教室、同門会、学会事務局一同、精一杯準備させて頂きます。皆様と京都でお会いできることを楽しみにしております。